会社概要

 アセアン.アフリカ諸国への日系企業進出を総合的にサポートします.

 

……………………………….. 
…………………..エムアンドエムコーポレーション
会社名 M&M CORPORATION (THAILAND) CO.,LTD.
最高経営責任者 宮崎保雄
資本金 6,000,000 THB.
住所 タイ バンコクオフィス
PRESIDENT TOWER
9F, 9fl., Phloen Chit Rd, Lumphini,
Pathum Wan, Bangkok 10330 Thailand
.sd
電話番号 +66(0)2-656-1600, +66(0)89-022-2967 (日本人直通)
連絡先 info@mm-corporation.biz
企業理念 1.  正しい論理的・価値観を持つ
2.  人に感謝する心を大切にする
3.  創意工夫、自己変革ができる
4.  商品価値の高いものを創造する
5.  社会的責任を果たす
最高経営責任者
宮﨑 保雄
一級建築士
代表プロフィール
私達の基本概念 
都市を豊かにしていくためには、都市の成り立
ちや骨格、エリアの将来像といったまちとして
の広がりや、時間的な連続性から都市を構成
する各要素のデザインまでトータルにマネージ
メントしていく事が重要です。
M&M Corporation Group は、都市プ
ランナー、アーキテクト、シビルエンジニア、
ランドスケープデザイナー等、幅広いGroup
内専門家の協働、参画により総合的なソリ
ューションを提供いたします。

プロジェクトコンセプト
ラオスはインドシナ半島のほぼ中心に位置し,産業集積が著しいタイと急速に工業化が進むベトナムに挟まれた、GMSの主要拠点であり、政府も将来物流のハブ拠点になることを目標に揚げている。
現在道路インフラ整備が進む中、中国の昆明からラオス,タイ,マレーシアを経由してシンガポールまでつながる高速鉄道工事が2021年を目処に進められている。この度のプロジェクトは、上記高速鉄道ビエンチャン駅に近接した敷地(総敷地面積2,000ha)一帯に計画されています。
また、ビエンチャンの川沿い市街地まで直線で約10Km,タイとの国境ノンカイまで10Kmと良い立地に恵まれています。高速鉄道駅周辺一体開発,物流のハブ建設,道路等のインフラ整備は元より、ラオスの基幹産業であり,就業者の78% が従事する農業部門,最先端の青果市場システムの導入,農業大学の新設等も考えています。その他、医療,教育水準についても近隣諸国に劣らぬ国際水準の事業者を誘致し,他国からロングステイ需要も取り込みたいと考えています。将来国内外から鉄道駅に流入するであろう多くの人が、安全で便利に暮らせるよう,住宅,商業施設,病院,公共機関サービス等の動線計画を充分検討しなければなりません。
この地域全体として,2万人から3万人が暮らせる町づくりを進めています。

グループ事業 1.  技術本部
……………………………………..     ● 建築.設備等の企画.設計.監理
2.  都市事業本部
    ● インフラ整備支援
    ● 商業施設等の開発
3. 住宅事業本部
    ● コンドミニアムの開発
    ● 企画.マーケティング.販売
4. ウェルネス事業本部
    ● ヘルスケア施設
    ● ホテル.リゾート等の企画.設計
5. 海外事業本部
    ● 海外ロングステイ
    ● ホテルリゾート開発
    ● 海外インフラ整備支援  (道路.鉄道.公共設備等)
6. 貿易 (海外)


 

Office Location Map