アフリカの鉄道インフラ整備事業 日本の協力に期待

アフリカの鉄道インフラ整備事業

   日本の協力に期待

 

     アフリカのインフラ整備

アフリカでは、近年の著しい経済成長を背景に

各地で道路,鉄道インフラ整備プロジェクトが推進されている。2000年代に入って、中国とアフリカ間の貿易が急拡大している為である。

中国がアフリカからの資源輸入を積極化しており、資源関連のインフラ開発(パッケージ型プロジェクト)にも関わってきたことが、その背景にある。

中国はアフリカから、石油,鉄鉱石,銅,プラチナ,ダイヤモンド,マンガンなど、多様な資源を調達している。その中で石油は,輸入額の4割以上を占めており、

アンゴラは、中東のサウジアラビアに次ぐ輸入国である。それは、エネルギー安全保障の観点から、オイルメジャーなどを経ずに独自の石油調達先を確保することを重視している為です。

しかし、近年 成長鈍化に直面する中国が、過去10年にわたってアフリカにたいして行われた,インフラ開発で果たす中心的な役割を縮小してきている。

他方,[一帯一路]の参加国としての中国と協議を結んだ国も、ジプチ,エジプト,エチオピア,ケニアの4カ国にとどまる。

中国の現実に気づいたアフリカ諸国が今、中国に代わって日本の進出に大きな期待を寄せているのではないでしょうか?

アンゴラ国内及び周辺国の鉄道インフラ整備

アンゴラには3本の鉄道幹線がある。

その総路線距離は、2.780Kmに及ぶ。

これらの鉄道は国内の各州間を結ぶほか、アンゴラと近隣諸国であるナミビア,コンゴ,ザンビアを結んでいた。

内戦中に破壊され,運行が停止されていたこれらの鉄道の修復工事が緊急の課題である。

一方、アフリカ大陸の各地で、総延長距離1万1,000km,投資総額, 360億US$ に上る鉄道プロジェクトが進められている。

こうした中,アフリカ各国は、鉄道インフラ整備に大きな期待を寄せている。

CENTENNIAL ENAGY THAILAND CO.,LTD.

(ファンド) は,アンゴラに人道的プロジェクト開発支援として、500億US$を投資を決定する。

    主なプロジェクト開発事業として

アフリカ,アンゴラに人道的プロジェクト開発支援

1 インフラ整備                           

   ● 高速道路,鉄道,地下鉄

2 教育関連施設         

   ● 大学,各種専門学校

3 医療関連

    ● 病院,各種クリニック

4 住宅関連

    ● 戸建て住宅,集合住宅

5 農業,漁業関連

    ● 食料増産プロジェクト

6 ホテル,リゾート開発

   ● ホテル,リゾート,ショッピング

 

  ● アフリカ,アンゴラの鉄道インフラ整備プロジェ

      クトに関して、日本の鉄道関連の企業の皆さん

      の協力 (アフリカ進出)を期待しております。

   CENTENNIAL ENAGY THAILAND CO.,LTD

         CEO. PRESIDENT. 

        Mr.Raveeroj Rithchoteanan

         VICE PRESIDENT 

        Mr.Yasuo Miyazaki 

    M&M Corporation Thailand Co.,ltd

        CEO

        Mr.Yasuo Miyazaki 

       E-mail.    m.yasuo49@gmail.com